採用情報 COMPANY INFORMATION

  1. HOME>
  2. 採用情報>
  3. 社員インタビュー

STAFF INTERVIEW 社員インタビュー

モバイルソリューション事業部

入社動機
村上社長の社会に貢献する会社を自分達の手で作り、成長させていきたいという熱い思いに
共感し、弊社設立初期から今日に至るまで共に歩んできております。
仕事内容
一開発者としては直接現場にでてiPhoneアプリ、Android内部の組込み開発、スマートフォン以外にも組込み機器やWindowsアプリというように特定の分野にとらわれない総合的な開発に従事しております。
管理者としては、部署配下メンバおよび同一拠点に常駐している他部署弊社社員の作業状況を一元管理すると共に、お客様との交渉および関係構築を行っております。また、社内業務として会社の運営に関わり、よりよい作業環境を作り上げるべく社長、各部署長と連携して日々細かな課題を一つ一つ確実に対応しております。
所属部署のビジョン
各種モバイルのアプリ開発に留まらず、モバイル内部の開発からモバイルが使用する関連技術の開発までモバイル開発のどの分野にも対応できるよう幅広い知識、ネットワークの構築を行ってまいります。そして、新たに生まれてくる新技術に対しても積極的にアプローチを行い、常に未来を見据えた創造性あふれる部署として存在感を示していきたいと考えております。
ウェブフロンティアはどんな会社か
社員一人一人に寄り添い、各自のやりたいと思うことをできるだけ実現できるように対応を
行うため、自分のやりたいことをお持ちの方は他社では得にくい充実感を得ることができる
会社だと考えております。

Webソリューション事業部

入社動機
私が入社したのは創立して間もない時期でしたが、何もないところから日進月歩に会社が成長するプロセスに関われることは面白いと思いました。今日までの7年間で自分自身も一緒に成長してきて中核メンバーとして日々充実感を実感しています。
仕事内容
現在は、客先に常駐してECサイト構築・機能改善やコーポレートサイトのコンテンツ管理などWebサイト構築の業務に携わっています。BtoCのWebサービスでは、常に顧客満足を達成するための新しいソリューションが求められています。こうしたニーズに応えるため客先の社員の方やメンバーと良好関係を築き、スピード感ある対応を行っています。
所属部署のビジョン
「業務システム開発」、「Webサイト構築」、「ソーシャルゲーム開発」の3つの柱を中心にWeb全般の開発を行っていきます。これまでに培ってきた知識や技術を活かし、お客さまのニーズや問題を的確に捉え、新しいサービスやソリューションを開発することで、新たな付加価値を生み出していきます。
ウェブフロンティアはどんな会社か
会社が実施する”親睦会”や”バーベキュー大会”などのイベントを通して、社員同士の結びつきを強め、仕事の苦しみや楽しみを共有し、自己成長に繋げていける社風がある会社です。

エンベデッドソリューション事業部

入社動機
私は中途採用で入社したのですが、会社選びにおけるポイントは「技術的な強みを持っているか?」、「ビジョンや目標を共有できる環境か?」、「組織として未完成であるか?」といった点でした。社長の村上と技術に対する考え・組織に対する考え・社員に対する想いなどを
議論するなかで、ウェブフロンティアはこれらすべてを満たしていると確信することができました。この会社で自分の持つ強みを発揮し、お客様はもちろんのこと自社への貢献を通して、社会へ良いインパクトを与えられるベストな環境だと思い入社を決意しました。
仕事内容
一人の技術者として、お客様の環境に常駐しコンシューマ向けゲーム機の開発プロジェクトに参加しています。大規模な組込み開発ならではの難しさと日々格闘しながらも、新しいトレンドや技術を積極的に検討し取り入れていく風土なので、私としてはとてもやりがいがあり充実した仕事に携わらせていただいています。一方、管理職としては部署のメンバーの状況確認やフォローを行うとともに、経営や組織の課題を解決するべく経営層と日々議論し行動に移しています。
所属部署のビジョン
我々エンベデッドソリューション事業部は、「技術×コミュニケーション」の両輪でお客様の課題解決に貢献いたします。組込み開発は幅広い知識とより高度な専門性が求められる分野であり、お客様とより近い距離で接してビジネス上の最適解をご提供する必要があります。
そのためには、自らの技術力を磨くだけでなく時代の変化やお客様のニーズに合わせた
ソリューションをご提案するためのコミュニケーションスキルが重要と考えます。
ウェブフロンティアはどんな会社か
上記の入社動機でも挙げさせていただきましたが、「技術的な強み」、「ビジョンや目標を
共有できる環境」、「組織として未完成」という要素が揃っていることだと思います。
「技術的な強み」
各エンジニアや各事業部が持つ技術への知識や経験はもちろんのこと、モバイルソリューション事業、Webソリューション事業、我々のエンベデッドソリューション事業と多くの開発領域に対して包括的にお客様にソリューションのご提案ができることは会社として大きな強みと
考えています。
「ビジョンや目標を共有できる環境」
組織上の役割や職種上の違いはありますが、ビジョンや目標を達成するという意味では一人
ひとりの社員が主役であり対等であることを意味します。社員同士がビジョンや目標について考え、議論し、行動することで大きなベクトルを作り会社を前進させています。
「組織として未完成」
一見デメリットのように見えますが、テクノロジの世界のみならず環境の変化が流動的な現代社会において、企業が長く生き残るために必要な要素の一つと考えています。
外部の変化を捉えビジョンや目標達成のために、組織や制度などの仕組みを見直し改善していく、そのような適応力・自浄作用を生み出す風土がウェブフロンティアにはあります。